破魔弓や五月人形で子供の成長を祈願する|すくすくキッズへの贈り物

フラワー

出産の報告とお詫び

クローバー

子供が生まれたときに、赤ちゃんをお披露目したり、報告したりする際は出産内祝いをいっしょに贈りましょう。出産内祝いを贈る際は、相手に喜んでもらえるものを贈ることが大切です。最近では赤ちゃんの出産体重と同じ重さのお米を贈る人が多くいます。出産の喜びと実感を伝えることができ、さらにお米なら多くの家庭で食されているので実用性にも優れているためです。あまり高価な出産内祝いを贈ると相手にプレッシャーを与えてしまうので相場に注意しましょう。また、出産内祝いを贈る際は、お母さんの体調が落ち着いた頃に贈るのが適切です。出産直後はお母さんと赤ちゃんは共に不安定な状態にあります。退院後、体調や生活が落ち着いた頃に渡すのが適切です。

赤ちゃんは泣くのが仕事といわれているほど、意思表示を全て泣くことで行ないます。また、夜泣きをすることもあるので、近隣住民に迷惑がかかる恐れもあります。事前に出産内祝いといっしょに夜泣きなどについてお詫びをしておくと適切です。予め声を掛けておくことで、円満なご近所付き合いが行なえます。また、すでに出産を経験している年配の人や年上の人から、アドバイスや手助けをしてもらうこともできるので、出産内祝いにはさまざまなメリットがあるのです。出産内祝いを上手に活用して、快適な育児やご近所付き合いを行ないましょう。ちなみに、出産内祝い選びに迷ったときは、カタログギフトが適切です。カタログギフトなら出産内祝いを受け取った側が好きな商品を選ぶことができるので適切です。